ハイヤーのより身近になったサービスについて

タクシーやハイヤーはどちらも出かけるときに便利な交通手段です。こちらではハイヤーについての利用方法や今後の展望等について詳しく説明します。

ハイヤーは和製英語で、本来は雇うという意味ですから外国人には通じません。また、日本の道路運送法でもハイヤーを定義する条文は存在せず、提供元である会社のサービスの内容は、利用者であるお客様側からの要望等によって将来的にも変化していくものです。タクシーもハイヤーも、乗客が会社の有する車に乗車し、二種免許等の資格を持ったプロドライバーに目的地まで送り届けてもらうことは共通しています。最もわかりやすい相違点は、タクシーは市街地などの道路を流しており、乗客が路上で挙手するか、待合場所などで順番待ちして乗車しますが、ハイヤーの場合は、事前予約が必要になるということです。ですから、ハイヤー仕様の乗用車とドライバーは、予約があるまで、会社の車両基地や営業所などで待機することになります。予約のポイントは、どなたを、何時に、どこの乗車地点に、何台で、お迎えに参上するかであり、付帯情報として遠距離などの場合は、目的地を予約時に伝える必要があります。それ以外の制約は特になく、毎朝の出勤といった定期的なものから、その時一回限りの乗車の際にも予約は可能です。

予約の仕方ですが、会社の社長や役員の出勤時などの定期的、長期的な場合は書面で契約を取り交わすこともありますが、電話での依頼、また現在では、スマートフォンのアプリから簡単に予約することもできます。その場合は、スマートフォンのGPS機能で今居る場所の特定や、何時何分にお迎えに上がれるかといった時間の情報も正確になり、乗客側にとってはたいへん便利な機能となっています。

次に利用料金ですが、これは提供元である会社のサービスによりまちまちです。例を挙げると、迎車料金つまり、お迎えに上がるための時間や距離に対して課金される場合があります。また、ホテルの予約などと同様にキャンセル料金が課せられる場合もありますので、料金については事前の確認をしておくことをお勧めします。また、時間制の予約で、1日、半日、数時間など、貸切の時間帯を指定した利用法もあり、例えば、観光地の名所を何ヵ所か半日かけて回りたい、といった場合は、半日の貸切料金で利用することもできます。その場合は、事前に日時や、どのポイントを回りたいかなどを予約時に伝えておくと、より効率的な観光地巡りができますので、こういった利用法も増えています。仲間内や家族での利用では気兼ねなく、途中で飲酒ができることなども人気の一因となっています。

利用する場合の人数ですが、1人から10人までが可能となっています。お客様が4人までの場合は、セダン型の乗用車になりますが、5人から6人の場合はワンボックスカー、7人から10人の場合はワゴン車となりますので、乗車人数についても予約時に正しくお伝えておく必要があります。これは、車が到着してから乗れなかった、などというトラブルを避けるためにも重要です。また車種については、概ね高級グレード車が充当される場合が多いようですが、希望車種がある場合は事前に相談しておくと希望に沿った車を用意してもらえることもあります。ボディカラーについても事前の予約時に条件としてお伝えすることが必要になります。尚、ハイヤー乗務員は、乗降時のドアサービスや車内での接遇の訓練を受けた者が赴く場合が多いため、快適で安全な走行や案内を期待できる場合がほとんどです。

最近では、重役の送り迎えだけでなく、お子様の通学、通園時に送り迎えするキッズサポートや、妊婦さんが自宅の住所や通院されている産科病院等の情報を登録することで、分娩時などにより安心で快適に医療施設や自宅まで送迎できる妊産婦サポート等の便利なサービスが日に日に増えてきています。自分で車を所有し運転するよりはリーズナブルな料金体系が整っている会社も多いので、いろいろなシーンでのご利用が可能な状況となってきています。従来のビジネスや観光での利用だけでなく、多彩な利用方法がありますので一度利用してみてはいかがでしょうか。

NEW TOPICS

2018年12月05日
ホームページを更新しました。